スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
赤い雪(第一話)
この作品は某ブログの冒頭挨拶として、本編の日記のツカミのためだけに書いたものでした。
そのため、続きを書く予定は全くなかったのですが、コメントやメール等で感想を貰い気持ちが変わってきまして・・・。
仕舞いにはボク自身もだんだんこの二人のこれからが気になってしまい、続きを書くことにしちゃいました。

ほんと皆さんから頂けるメッセージにはチカラを貰ってばかりです。
いつもありがとうございます。

「元々続きを書く予定がなかったものに強引に付け足しても良いものは出来ないんじゃない?」

と思われる方もいると思いますが、その点はご安心ください。

実は冒頭の挨拶として書いた際、すでにこの物語の結末は用意してありましたw。
(かと言って、良作になるとはもちろん限りませんが^^;)

きっと(筆が遅いため)結末まで長い道のりになりそうですが、良かったら最後までお付き合いください。

 :
 :
 :

「いつからだったのかな・・・」


自分でもわからない。



・・・わからないよ。




ボクは自分が”普通”だって思ってた。
みんなと同じだと思ってた。

朝起きたら、顔を洗って、みんなにおはようって挨拶して、笑って、走って、みんなと一緒に暮らして、そして恋をして・・・。
たまに泣くことはあっても、明日には笑える。

そういう”普通”の日が、ずっとずっと続くものだと思ってた。

みんなだって・・・そうでしょ?



でもね…。

ボクは違ってたんだ…。


だって、だってね。



ボク・・・。



彼女のことを・・・。



食べたくて仕方が無いのだから・・・

 :


「旦那様、朝でございますよ。食事の支度が出来ております」

メイドがいつもの時間にワシを起こしに来る。

「旦那様、失礼いたします」

「あぁ」

とワシはもう声が出ないクチで返事をする。

そして遠慮がちにドアが開く音を、ワシはもう聞こえない耳で聞く。

「真っ暗…まだカーテンも開けておりませんでしたのね」

カーテン?
そんなものは開ける必要がないだろ?

ワシの目はもう何も見えないのだから。

「・・・!?なに?このニオイ?」

メイドが思わず顔をしかめる。
そんなに酷いニオイがするのか?
ワシの鼻ではもう何のニオイもかぐことはできないというのに。

メイドはワシのベッドの横を素通りし、カーテンと窓を一気に開け放った。

部屋の中に勢いよく流れ込む光と風。

・・・そして彼女は、ワシだったものに気づく。


 「イャァァァァーー!」


おい・・・、ワシを置いてどこに行くんだ?
ワシはもう動けないというのに…。

やれやれ、困ったメイドだ…。

そういえば食事が出来ているといっていたな。



・・・でももう、ワシには必要ないものかもしれん。






もうワシの方が、ヤツの食事になってしまったのだから・・・。

 :

長老が無残な姿で殺されていたことは、瞬く間に村中が知ることとなった。

「どうやら狼に食われたらしいぞ」
「人を食うほどの狼がいるのか?」
「そう言えば昨夜、狼の遠吠えらしいものをワシは聞いたぞ」
「オレも聞いた。きっとそいつのしわざだ」
「山狩りだ、山狩りで狼を見つけ出すんだ」

どうやら山狩りを始めるらしい。
そんなことやっても意味がないのに。
何も見つからないよ。

だってみんなは、こんなに近くに”ボク”がいるのに、全然見つけられないじゃないか。


「怖い…」


彼女がボクの隣りでつぶやいた。
微かに震える彼女に、ボクは優しく微笑みかけて手を握る。

「だいじょうぶだよ」

二人の時間、ボクの一番大切な時間。
失いたくはない。


「だいじょうぶ」

ボクは繰り返す。
自分に言い聞かせるために…。


ダイジョウブ…、今はまだ他の人で我慢できるから…。


でもね…。



どうしてもキミじゃなきゃダメだってボクが思ってしまったら…。

そのときは、ごめんね…。

 :
 :

これは1つの物語。

人と人でないものが作り満月が奏でる・・・、悲しき人狼の物語・・・。


第二話につづく)
スポンサーサイト

テーマ:短編小説 - ジャンル:小説・文学

【 2008/01/22 13:25 】

人狼 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<赤い雪(第ニ話) | ホーム | パパはサンタクロース>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ehonovel.blog15.fc2.com/tb.php/3-41ebb453
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。