スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
パパはサンタクロース
クリスマスを題材に、絵本調の文章を書いてみました。
よく「サンタさんはお父さんだ!」って言うお子様がいますが、
そんな風景を見て思いついた物語です。

キミはお父さんがサンタさんで、ほんとにいいの?

 :
 :
 :

ボクはサンタさんが嫌いだ。

 :

ボクのパパとママはお外にいるときは凄く仲良し。

でも、家に帰るといつもケンカばっかりだった。


いつも、いっつも。


 :


去年の12月。


「大切な話があるからおいで」

とパパはボクに言った。

「実は、パパはな・・・」

「なーに?」

「パパはサンタさんなんだよ」

「ほんと?パパ、すごい!」

「うん、ほんとだよ。プレゼントは何がいいかな?」

「えっとね・・・ゲームが欲しい!」

「そうか、よしわかった。クリスマスの日、楽しみにしてるんだよ」

「うん!わーい!」


 :


そしてクリスマスの日。
ボクは初めてサンタさんに会った。

パパはちょっと恥ずかしそうな笑顔で、ボクにプレゼントをくれた。

ゲームだった!

パパはボクにプレゼントを渡して、こう言ったんだ。


「パパはサンタさんだからね、クリスマスが終わったら北の国に帰らなきゃいけないんだ・・・」


 :


サンタさんはクリスマスになると北の国からトナカイさんと一緒にソリに乗ってやってくる。
そして、みんなにプレゼントを渡し終わると北の国に帰っていく。

それはみんなが知ってること。

ボクのパパはサンタさんだから、北の国に帰るんだという。
日曜日に公園でキャッチボールもできなくなるという。


そんなの嫌だ。


パパがどっかに行くなんて嫌だ!

ボクは泣いた。

サンタなんか嫌だ、パパがいいんだって泣いた。

でもパパは静かに首を振った。

子供達みんなのために行かなきゃいけないんだって言った。

ボクはいっぱい泣いた。
パパもいっぱい泣いた。


そして次の日の朝、パパは北の国へ帰ってしまった。



 :


また12月になった。

パパはずっと北の国に帰ったままだ。
ママに聞くと、パパはもういないんだと言った。

そのたび、ボクはいっぱい泣いた。
きっとパパも北の国で泣いていたと思う。


「今年のクリスマスプレゼントは何が良いの?」

「何もいらないから、パパに帰ってきて欲しい。家にずっといて欲しい」

ママは黙って首を振った。


クリスマスなんて嫌いだ。

ほんとに欲しいものをくれないサンタさんなんて、ボクは大嫌いだ。


 :


クリスマスの夜。

お母さんに留守番を頼まれたボクは、一人でソファー座っていた。
今頃パパは世界中の子供達にプレゼントを配ってる。

ボクのうちにも来てくれるかな?

でも、ボクは結局最後まで欲しいプレゼントを選べなかった。

もしかしたら来てくれないかも知れない・・・。
そう考えると涙が出てきて、ボクは一人で泣いていた。

「ピンポーン」

チャイムが鳴って玄関の扉が開いた。

そしてそこにはパパが恥ずかしそうに立っていたんだ。


 :

「遅くなってゴメン、他の子供たちにプレゼントを配っていてね」

パパは言った。

「ほら、ケーキを持ってきたよ。一緒に食べようか」

「うん!」


ボクはパパとケーキを食べた。
そしていっぱいお話した。

お友達の話、学校の話、遠足のときの話。
いっぱいいっぱい話をした。

一年分くらい話をした。

それから去年のクリスマスに貰ったゲームを一緒に遊んだ。
パパは弱くて、ボクが勝ってばかりだった。

ボクもパパも凄く笑った。
一年分くらい笑った。


 :


遊びつかれて、ボクはいつの間にか寝てしまった。

そして朝起きたとき、パパはまた北の国に帰ってしまった。

ボクの枕元には新しいゲームが置いてあった。
パパからのクリスマスプレゼントだった。


ボクが欲しいのはこんなんじゃない。
プレゼントなんかいらないのに・・・。


ボクはやっぱりサンタさんは大嫌いだ。






でも・・・でもね・・・。




パパのことは大好きなんだよ。

 :

ブログランキング参加中
気に入っていただけたらポチっとしてもらえると嬉しいです♪
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:小説・文学

【 2007/12/05 17:44 】

絵本 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<赤い雪(第一話) | ホーム | 自己紹介♪>>
コメント
--- ---

読ませていただきました。m(__)m
なんだか、しんみり泣けてきますね。
大人向けかもってことでしたが、子供さんが読んでもいい話じゃないかなあ。
お父さんが単身赴任とか出張がちで、なかなか会いたくても会えない子供さんもいますしね。
ラストが、切なかったです・・・。
izumi * URL [編集] 【 2007/12/28 17:11 】
--- ---

◆izumiさん
コメントありがとうです♪
なるほど、クリスマスに両親が離婚したって話じゃなくて、単身赴任でいないって内容にすればたしかに子供向けでいけたかもですね~^^;
いやはや、勉強になるコメント、ありがとうでした!

このページはあまり更新されないと思いますが、またぜひ遊びに来てくださいw
ぱみみ * URL [編集] 【 2007/12/28 18:32 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ehonovel.blog15.fc2.com/tb.php/2-3ce425fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。